わたしたちの仲間になることを希望される方へ

医学生はもとより後期研修を終えた方でも、老若男女を問わず歓迎しています。研修期間は原則として学内および関連施設で最低6年間とし、様々な状況に合わせて研修ができるようにシステム構築しています。

システム一例

専門医取得について

外科専門医に関しては5年次以降に、消化器外科専門医は8年次以降に最短で取得可能な症例数および研修内容を行っております。専門医取得には、①症例経験数、②研究業績、③筆記・面接試験が要求されますが、これらのハードルを十分越えられるだけの症例数と指導体制を整えています。

参考:各専門医取得に必要な項目
外科専門医 消化器外科専門医 乳腺専門医 小児外科専門医
初期研修終了後年数(最短) 3 6 5 9
外科専門医 必須 必須 必須
会員年数 5年 3年 4年 3年
専門領域の研修期間 5年 初期研修終了後5年 初期研修終了後2年 3年
手術件数(術者として) 350例(120) 450例(50) 40例(問わない) 150例(問わない)
業績(筆頭演者または著者) 必須 論文3件を含む6件 必須 論文5件発表3件
総会参加 必須 必須 必須 必須

心ある仲間を我が消化器外科はいつでも待っています

外科医への扉はいつも開かれています

当教室の最大のテーマは、患者様の命を救える心のある医師を育てることであります。決して奢らず、仲間と助け合い、そして大胆に考え、行動できる人物こそが、私達の理想とする人物像です。
センスや器用さは無用であり、心さえあれば、絶対になれることを保証します。袴田教授のもと、私達は常に発展することを目指しており、歴史と伝統を受け継ぐと同時に新たな診療の開発にも取り組んでおります。

希望者あるいは相談は、下記までご連絡をお願いします。

弘前大学大学院医学研究科 消化器外科講座
〒036-8216
青森県弘前市在府町5
担当;教室会長 和嶋直紀、教室副会長 石戸圭之輔
Tel:0172-39-5079/FAX:0172-39-5080
e-mail:sanyou@hirosaki-u.ac.jp