過去新着情報一覧(2011年)

2011. 11. 09 >
2012年3月3日「第9回日本乳癌学会東北地方会」を主催します。
http://www2.convention.co.jp/jbcs9-tohoku/index.html
2011. 10. 25 >
10月2日、第4回鷹目杯を開催しました。
2011. 10. 21 >
11月26日に、第6回弘前乳がん市民フォーラムを開催します。
2011. 10. 17 >
第15回青森県消化器癌化学療法セミナーを開催しました。
2011. 10. 17 >
Hirosaki Breast Cancer Seminar2011を開催しました。
2011. 10. 17 >
第10回 Surgical Club を開催しました。
2011. 09. 26 >
9月11日に参加した安比マラソン2011の風景を掲載します。
2011. 09. 26 >
9月2日から、初めての海外教室旅行に行ってきました。
韓国での旅行風景を掲載します。
2011. 07. 29 >
7月2日(土)中高生「外科体験セミナー inむつ」に50名以上の中高生が参加しました。外科医・研修医・医学部生のスタッフがサポートしました。(ウィークしもきた)
2011. 07. 29 >
7月16日ホテル青森にて「第29回青森県乳腺疾患研究会を開催しました。
2011. 07. 12 >
7月4日(月)「生体部分肝移植世界最長生存犬の像(ヨーコの像)」の除幕式が行われました。遠藤学長から、「本学発の独創的な研究成果を記録に残し、弘前大学が更に一層発展するよう祈念します。」とのご挨拶。当時研究をリードした佐々木睦男名誉教授、宮城島堅先生、森達也先生らが来賓として出席されました。ヨーコをかわいがってください。記念碑周囲に腰かけベンチも作っていただきました。待ち合わせにも最適です。
画像1 画像2
2011. 07. 12 >
7月2日(土)「中・高校生手術体験セミナー in むつ」を開催しました。下北地区から54名の中学生と高校生が参加。外科医32名、研修医8名、医学生8名、企業関係17名、総勢65名のボランティアスタッフがマンツーマンで指導しました。子供たちの感想:「医者って冷たいイメージがあったけど、温かくってかっこよかった」「絶対、医者になってやる!」「学校に戻ったら友達みんなに『外科医になれ』と言う」など。
2011. 07. 12 >
7月1日(金)むつ総合病院で手術支援ロボ「ダビンチ」のデモを行いました。ライセンス保持者の和嶋助教の指導のもと、小川院長、橋爪副院長はじめ多くの医師、研修医、コメディカルに皆さんに操作いただきました。
2011. 07. 12 >
7月1日 石澤 義也先生がLevel 1 Trauma CenterであるUC San Diego Medical Center, Prof. Coimbraのもとに留学しました。
2011. 06. 22 >
6月25日に第21回東北肝臓外科研究会を開催します。特別講演「腹腔鏡下肝切除術:その現状と展望」東邦大学 一般・消化器外科教授 金子弘真先生
2011. 06. 22 >
6月25日に第9回弘前TS-1講演会を開催します。特別講演「進行胃癌の治療戦略と今後の課題」独立行政法人 国立病院機構 大阪医療センター 外科医長 藤谷和正先生
2011. 06. 21 >
第14回青森県肝癌研究会を開催します。特別講演 「肝細胞癌治療の進歩-局所療法から肝移植、分子標的治療へのパラダイムシフト-」順天堂大学医学部附属静岡病院・消化器内科教授 市田隆文先生
2011. 06. 15 >
第177回弘前消化器病研究会を開催しました。
2011. 05. 31 >
7月2日(土)むつ市で「中・高校生外科手術体験セミナーinむつ」を開催します。今回は、さまざまな手術模擬体験に加えて、手術ロボ・ダビンチを持ちこみます。子供たちに医療職に関心を持ってほしいとの願いから、医師35名のほか医学部生、研修医がセミナーをサポートします。
2011. 05. 31 >
6月14日(火)第177回弘前消化器病研究会を開催します。特別講演は「食道癌治療 Up to Date」、講師は東京大学消化管外科学・代謝内分泌外科学教授 瀬戸泰之先生です。
2011. 05. 19 >
本日、肝炎対策・肝がん撲滅運動 医療従事者向け講演会を弘前大学医学部 臨床大講義室において開催します。
2011. 05. 12 >
2011.04.23 入口正面に消化器外科学講座の新しい木彫看板を掲げました。今年新医学博士の(写真左から)中山義人、赤坂治枝、堤 伸二、三浦卓也、山名大輔、長谷部達也、久保寛仁先生方からの寄贈です。
2011. 04. 26 >
いよいよダビンチ講習が始まりました。
2010. 04. 20 >
当講座は、日本肝胆膵外科学会による、被災地への支援「東北関東大震災愛の手プロジェクト」に参加しています。
2010. 04. 06 >
3月23日 大学院学位記伝達式が行われました。消化器外科学講座からは久保寛仁、赤坂治枝、堤信二、長谷部達也、山名大輔の5名の新医学博士が誕生しました。
2010. 03. 31 >
米内山真之介先生が石巻日赤に出発する前に病院長らに見送りを受けた風景が陸奥新報に掲載されました。
「この画像は、当該ページに限って陸奥新報の記事利用を承諾したものです。転載ならびにこのページへのリンクは固くお断りします。」
2011. 03. 30 >
Hopital Paul-Brousse滞在記 2011/3/5-3/11
2011. 03. 29 >
3月29日 附属病院による東日本震災支援活動(第2次)として、米内山真之介先生が石巻日赤に派遣されました。
画像1 画像2
2011. 03. 24 >
4月23日に第3回さくらミーティングを開催します。特別講演1「食道癌の集学的治療における外科手術」国立がんセンター中央病院 消化管腫瘍科副科長 日月裕司先生 特別講演2「がんワクチンとがん統合医療―新しい潮流をさぐる―」久留米大学医学部免疫・免疫治療学講座教授 伊東恭悟先生
2011. 03. 04 >
第22回青森内視鏡外科研究会を行います。
2011. 02. 17 >
2月28日に学術講演会-PSKを再考する-を開催されます。特別講演「癌の免疫・栄養、何が見えている?」福島県立医科大学 腫瘍生体治療学講座教授 柴田昌彦先生
2011. 02. 17 >
2月18日に第55回弘前癌治療懇話会を開催します。特別講演「がん放射線療法の現状と展望:とくに科学療法との併用を中心に」北里大学医学部 放射線科学教授 早川和重先生
2011. 02. 16 >
第26回青森県肝疾患研究会を開催しました。